いしはら鍼灸接骨院

サッカー・スポーツ選手の施術

そのお悩みすべて私たちに
お任せください!!

こんな症状で
お悩みではありませんか?

ジュニアスポーツにおけるサッカー競技での急性外傷は、捻挫、肉離れ、骨折、脱臼、打撲になりますが、その中でも捻挫は全外傷の27~48%を占め、足関節膝関節に多発していることが報告されています。
そして、これら子供の怪我の30~60%は、オーバーユースに起因しています。
オーバーユース障害は、骨端部に繰り返しの牽引ストレスがかかることが原因になります。

その症状、辛いのに我慢していませんか?
我慢しないで、当院にご相談ください!

改善するまで親身に対応させていただきます!

お客様の状態に合わせて、最適の施術をご案内いたします。
骨端部の成長軟骨は、成長軟骨板をはじめ腱の付着部に存在し、繰り返されるメカニカルなストレスの影響を受けやすくなります。
適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせますが、この刺激が過度である場合や回復時間が不十分である場合、あるいはその両方の場合は負の結果をもたらすことをジュニアスポーツ指導者は強く認識しておかなければなりません。

当院では、このようなバランスから診ていき、その方に必要な治療を行っていきますので、早期改善・根本改善ができるようになっております。